コアレスモータ > コアレスモータTOP

コアレスモータ

1973年の世界最小φ10mmコアレスモータの開発以来、Namikiロゴは日本における
コアレスモータ・マイクロモータ(超小型モータ)のパイオニアです。
新製品情報
4極高トルクモータ

優れたマグネット製造加工技術と自社独自の巻線技術により
コアレスモータの性能を飛躍的に向上させることができました。


今までにない、小径・小型モータを研究し、1973年にドイツよりコアレス巻線特許を導入して、世界最小φ10mmコアレスモータを開発しました。
その後も技術革新を重ね、2014年には更に小径の世界最小φ0.6mmブラシレスモータの開発に成功しました。
今では全世界でRCサーボや医療機器、光学機器、小型ロボットを始めとする様々なアプリケーションに使用されています。

コアレスモータとは

コアレスモータとは、名称の通りロータにコアがなく、銅線だけで籠形に形成させたロータ(コイル)が内側に置いた円筒形上の永久磁石の周りを回る構造となっているのが特長です。コアレスモータのメリットは大きく3つです。

・ 銅線籠形状ロータが軽いので慣性モーメントが小さくなり、従って急峻な加速・減速を可能にする点。
・ またロータに鉄心を有さないこと(アウターロータ型)から永久磁石の作用を受けずコギングがない、すなわち回転が
  スムーズであるとともに、振動や騒音を小さくできる点。
・ 磁気特性の高い希土類磁石を使用およびロータはコイルのみで形成されているため、モータ自体の小型化が可能な点。


これらの理由から、コアレスモータは高精度・高応答性・小型化を求められる機械・装置で使用されています。その代表的な装置に放送用カメラのフォーカス・ズームの調整機構があります。ここでは高応答性とコギングのないスムーズな回転に加え、騒音を拾いたくないというご要望に対し静音性ギヤを開発できたことにより、長年ご使用頂いております。

コアレス巻線とは

Namikiコアレスモータの特長はコアレス巻線にあります。 巻線技術には占積率を向上させるための高精度整列巻を実現する巻線機を自社開発しました。 この内製巻線機によりトルク定数の向上、低消費電流、高トルク化を実現しております。 またバランスのとれたコアレス巻線は磁気的にコギングのない滑らかな回転と低慣性モーメント化、小型化を可能にしています。 外径サイズ1mm以下のモータを製作可能にしたのは、極細線によるコアレス巻き線ノウハウ、そして巻き線機の技術なのです。

ブラッシュコアレスモータの構造
コアレス巻線ロータの画像
ブラシレスモータの構造
ブラシ付きモータ
コアレス巻線ロータ
(回転子)
ブラシレスモータ
(スロットレス)

 

スタンダードモデル

 

コンセプトモデル

従来モデル

直径 : 7mm - 18mm
小型、高応答性、 高効率が特長
直径 : 4 - 22mm
小型、ハイパワー、
低イナーシャが特長

 

COPYRIGHT©NAMIKI PRECISION JEWEL CO.,LTD,ALL RIGHT RESERVED