DCコアレスモータ > 並木DCコアレスモータの歴史 > 何故宝石部品メーカがモータを製造?-
並木DCコアレスモータの歴史

Namikiモータの歴史 何故宝石部品メーカがモータを製造?
並木とモータの歴史
小型コアレスモータが生んだ製品
DCマイクロモータ

何故宝石部品メーカがモータを製造?  並木DCコアレスモータの歴史

希土類マグネット、ドイツからの特許を導入した巻線技術、そして時計業界の精密金属加工技術を組み合わせて、今までにない、小径・小型モータを研究し、世界最小コアレスモータを開発しました。

 マグネット誕生 (レコード針からレコードカートリッジ、マグネットへ)

1960年から日本のオーディオ業界ではハイファイと呼ばれる高性能品の開発競争が進み、レコードカートリッジに音を忠実に再現させたいとの要望が高まりました。レコードカードリッジの構造は、アルミチューブの先にダイヤモンドの針をつけ、重心を支点にレコードの溝の振幅を拾います。針の反対側にマグネットを付けて、マグネットをコイルの中で振幅させると発電し、音を電気信号に変える仕組みです。音の再現性を高めるには、軽くて強いマグネットが必要でした。


市場の要望に応えるために、従来の磁石の10倍の磁力を持つ希土類マグネットを自社開発しました。このマグネットの開発により、その後の世界最小コアレスモータ、世界最小のダイナミックスピーカの誕生へ繋がりました。

 
  MC (Moving Coil) 型
MC型カートリッジの構造

 巻線技術 (磁気ヘッド)

1960年代後半、テープレコーダ用磁気ヘッドを開発、発売。
このとき確立した巻線技術はφ0.03mmの銅線を約3000回巻ける技術で、そのための生産用機械も自社開発しました。のちに、この巻線技術が、コアレスモータ用コイル巻線へと継承されました。

 コアレス巻線

Namikiコアレスモータの特長はコアレス巻線にあります。
巻線技術には占積率を向上させるための高精度整列巻を実現する巻線機を自社開発しました。
この内製巻線機によりトルク定数の向上と、低消費電流を両立させました。
またバランスのとれたコアレス巻線は滑らかな回転と共に、コギングのない低慣性モーメント化と小型化を可能にしています。
外径サイズ1mm以下のモータを製作可能にしたのは、極細線によるコアレス巻線ノウハウ、そして巻線機の技術なのです。

 
お問合せ
 

 

 

COPYRIGHT©NAMIKI PRECISION JEWEL CO.,LTD,ALL RIGHT RESERVED