DCコアレスモータ > 並木DCコアレスモータの歴史  > 小型コアレスモータが生んだ製品
並木DCコアレスモータの歴史

Namikiモータの歴史 何故宝石部品メーカがモータを製造?
並木とモータの歴史
小型コアレスモータが生んだ製品
DCマイクロモータ

小型コアレスモータが生んだ製品

DCコアレスモータの特長である、高効率、クイックレスポンスを生かしたヒット商品が生まれました。

 ラジコン比例制御サーボ 1977年

ラジコン

米国ではKraft社、日本では東京マイクロ社のラジコンサーボ用に初めて並木製φ10mm-長さ12mmのコアレスモータが使用されました。当時は小型モータを扱っているメーカが少なく、小型サーボ用で、φ10mm 長さ12mmのサイズが重宝されました。RCサーボに求められるモータ特性とは、第一に印加から最高速度に達するまでの時間(機械的時定数)で、10〜15ms(0.01〜0.015秒)以内が必要とされています。これは並木コアレスが最も得意とする性能です。のちに並木のRCサーボモータはブラシレス構造で、7msという常識の壁を打ち破りました。

 第一世代のプログラマブルカリキュレータ 1977年

ヒューレッドパッカード社 カリキュレータの磁気データストレージテープの駆動用
テキサスインスツルメンツ社 カリキュレータのプリンターペーパーフィード用、いずれも立ち上がりが早いと評価を頂きました。

 ポータブルカセットレコーダ 1979年

ポータブルカセットレコーダ

単3電池1本でカセット両面再生を可能にした低消費電力による高効率。
回転ムラによる周波数変化がない、安定した動作。

 放送用ビデオカメラ用レンズモータ 1980年

ビデオカメラ

世界を席巻している日本製放送用カメラいわゆるENGカメラ用レンズのフォーカス、アイリス調整用モータとして採用。
末永くモータを採用してもらえる理由は、画像の乱れに直結する電気ノイズが世界一極小だからです。その抑制は放送用カメラにとっては絶対条件なのです。

 ポケベル・携帯電話用振動モータ 1985年

振動モータ

1983年にモトローラ社から並木に届いた依頼は、「この超小型モータのシャフトに、アンバランスな重りを取り付けてほしい」という突飛なものでした。
指定された重りの材質はタングステン、比重が大きく硬質で扱いにくい金属ですが同質の超硬合金で時計のケースを生産していた知識と経験を駆使し、指定の材質でその重りを作成することができました。
モータは通常、スムースな回転及び静音性の高さがメリットです。まさに逆の発想を依頼されましたが、すぐに開発に着手。「どうやらポケベルに使用するようだ」ということに気づいたのは、随分あとのことでした。
モータシャフトに偏芯した重りをつけ、これを高速回転させると振動に変化します。これが振動サイレントモードの原理です。携帯のポケベルの電源である単3電池は、安定電圧が1.2VDCしかなく、鉄心コイルモータに分銅を付けては重量が嵩みモータをスタートできません。そこで、並木は鉄心がなくロータ重量を抑えたコアレスを利用してその分タングステン合金という比重の大きな重りを付けても低電圧で振動させることに成功、こうして世界初の振動モータ技術を確立しました。その後、携帯電話(StarTAC)にも採用され、並木のコアレスモータは振動デバイスとして、業界のデファクトスタンダードになりました。
φ10mm x 12mmというサイズから始まった並木振動モータはダウンサイジングという使命を帯びて次々に進化していきました。
φ7mm x 17mm 小径にすることでボディを長くし、
φ7mm x 12mm しかしボディ長は市場で受けず、5mm短縮。
φ6mm x 15mm さらに小型化へ、但し、ボディ長を伸ばす必要がありました。 このあたりからマグネットの必要厚不足によるトルク低下、回転数の上昇をいかに抑えるかの戦いが始まりました。
そこでこれまでのコアレスモータマグネットの常識を破り、マグネットの円筒形状から空洞をなくす、棒形状(ROD)を考案しました。これによって外径は変えず磁界方向の厚みを増すことができ、その結果、
φ6mm x 12mm が誕生。これに6CR (Coreless Rod Mag type)と名付けました。棒状にしたことでサイズはさらにφ4mm x 10mm に至りました。
この最終形状 4CR-1002は世界最小の振動モータとしてNOKIA社 携帯のほぼすべてに搭載され2004年には年間出荷数が1億個に達し、世界シェアの 40% を占めました。

 小型カメラ用モータ 1988年

小型カメラ

コニカ社 デジタルカメラ レンズシャッター用として、7mmモータが採用。
立ち上がりの良さと静音性はビッグヒットに貢献しました。

 高級デジタルカメラに採用 2006年

高級デジタルカメラ

ヨーロッパの超高級カメラシャッターレンズ用として採用。
放送用カメラに搭載されている実績を買われました。

 ドローン用カメラジンバル 2015年

ドローン

小型化技術により、ドローン用のジンバルにアウターロータブラシレスモータがX/Y/Zの3軸に搭載されました。
小型・軽量でありながら高トルクのため、カメラの位置を制御出来る様になりました。

 ロボット用サーボモータ 2016年

ロボホン

お客様との開発コラボにより人型ロボットの関節に13個のサーボモータが搭載されました。 小型サーボモータには市場初となる高耐久クラッチと非接点式の位置決めを実現しています。

 

COPYRIGHT©NAMIKI PRECISION JEWEL CO.,LTD,ALL RIGHT RESERVED